コンテンツへスキップ

夏の昼間、自宅の2階で汗が止まらない原因は断熱材かも

夏の昼間に自宅に帰り、急いで2階の寝室のエアコンを入れても全然効果が無く、汗が止まらなくなった経験はありませんか。そんなに広い部屋でもないのにエアコンを最大に効かせても冷風は出ていても部屋の中は暑いまま、その原因、屋根や天井に入れてある断熱材が原因かもしれません。

どういうことかというと新築の時は、ほぼどの家にも断熱材が入れられていますが、年月が経つと断熱材が古くなったり、施工の時きっちりと隙間なく敷き詰めてなく、固定してないと台風や強風が吹いた時など、風が自宅の隙間から入ったりして断熱材がばらばらに飛んでしまって断熱の効果がなくなっているかもしれないんです。

どうもうちの家は冷房や暖房が効きにくいなと思ったら一度専門の業者さんに頼んで天井裏をみてもらうといいですね。新しい断熱材を入れ替えると、とんでもなく暑い猛暑日や、信じられないくらい極寒の日でもなければ、常温で心地よく快適に生活することができます。断熱材にはいろんな種類がありますので、専門業者さんに相談してみるとご自宅のタイプに合った断熱材をすすめてくれるでしょう。