コンテンツへスキップ

太陽光発電と高断熱住宅はセットで

最近はどんな地方の町にいっても、自宅の屋根の上に太陽光発電のパネルがのっています。そのほとんどの方が、電気代の削減と炭酸ガス排出削減の為に太陽光発電を始められたのではないでしょうか。太陽光発電は、電気を自分の家で作れることで、家庭での電力使用料金は原則0円に抑えられることから、太陽光発電は歓迎されているのではないでしょうか。

しかも太陽光発電は自宅で余った電気は電力会社に売ることで、利益が上がり家計の足しにもなるので、この点も加えれば、一石二鳥の価値があります。そしてこの太陽光発電での売電の利益を上げる意味でも重要になってくるのが、自宅の高断熱化なのです。太陽光発電と高断熱化とは一見何も関係がないように見えますが実は大ありなのです。どんなに太陽光発電で電力を作り出しても、真夏や真冬など、自宅でエアコンの冷暖房を使えば、それだけでも膨大な量の電気代を使ってしまうのです。折角電気代の節約と売電を考えて高価な太陽光発電パネルを取り付けても、パネル取り付け代も取り返せずに、電気代を使うことになります。よって折角太陽光発電に切り替えるなら、電気代を大幅に削減できる高断熱化も同時にご検討ください。