コンテンツへスキップ

断熱材の性能で、家の住み心地が変わります。

一戸建ての家を注文住宅で建築することになって、その際に断熱材についてとても勉強して、断熱材にこだわりました。

引っ越す前の家は、冬はとても寒く夏は蒸し風呂のようになる家でしたが、その原因が断熱性能が低かったということで、新築で建築する際には、外気の影響を受けにくい、断熱材がしっかり使用された家で建築したいと思いました。

断熱材に関して、我が家で使用している物はEPSと呼ばれる発泡スチロールのような素材の物ですが、この断熱材を数十センチの分厚さで壁面に組み込んでいることで、断熱性能が非常に高い家になっていて、現在の家では、冬場は以前の家のような寒さに見舞われませんし、夏場も蒸し暑くなく、冷房も非常に効いて快適な生活が出来るようになりました。

家の間取りやデザインに目が行きがちですが、断熱材は家の性能を左右する物といえて、断熱材がしっかりと施工されている家を選ぶことはとても重要なことだといえます。