コンテンツへスキップ

防蟻剤で家が長持ちする

最近実家の外壁のリフォームをしたのですが、リフォーム作業の開始早々外壁を外すと内部の木材がボロボロになっていて、柱がほとんど残っていない状態になっていました。

本当にいつ柱が折れてもおかしくないほど、シロアリの侵食や湿気で腐食が進んでいて、当初予定していたよりも大掛かりなリフォームになってしまったのです。

リフォーム業者に聞いたところによると、雨漏りなどで内部に湿気がこもると一気に木材の腐食が進み、更にシロアリの繁殖しやすい環境になってしまうと言われ、今回も屋根から侵入した雨漏りで徐々に腐食が進んでいたようです。

まずは屋根の雨漏り個所を特定して該当其処を修繕したのちに、腐蝕した柱を取り換えました。

その後基礎部分に接する木材部分に満遍なく防蟻処理を施してもらいました。

しっかりと防蟻剤による処理を施しておけば、建物の強度を長期間保ち続けることが出来るので、これなら地震や台風がいつ来てももう安心です。